メインイメージ画像

経験豊富な中高年

アベノミクスの作用で経済も良くなり少しずつ求人の件数が増加しているけれども他の年代に比べるととても厳しい印象があるのが中高年層の転職ではないでしょうか。それでは、中高年の人の転職が厳しいとされる理由は一体何なのでしょう。なぜなら、その世代の給料が高いことが原因ではなく、転職市場が中高年の転職者に求める資質が的を絞った能力になるからではないでしょうか。

20〜30代ののびしろにかけた転職とは違い豊富な経験を持っている企業の期待にピッタリの経験者を欲しいと思っているからです。

企業にとって経験者を入社させるいいところは何でしょう。それは、やっぱり即戦力として採用後すぐに活躍してくれることです。

会社からしてみれば新たに教育することはなく活躍してくれるような人を採用すれば時間の短縮できるからです。ところが、とはいえ、経験があったらどんな人物でも即門戸を開いてもらえるというわけではないのが転職市場。持っているキャリアやスキルをわかりやすく会社に伝えることを通じてようやく転職市場で採用したい人になるのではないでしょうか。



面接が進むと役員や社長クラスの面接は平日の昼間、就業時間内に時間が設けられることがほとんどです。担当者や責任者の面接ならば現在の職場で定時まで働いた後での面接時間を設定してもらうように調節してもらえたけれど面接の相手が役員より上の立場だとこれまでと同じにはいかないものです。現在の仕事の業務の状況をあらかじめ段取りしておいて、面接の時に休まなければならなくなった際に
無理することなくスケジュールを調整してきちんと休める時間取得して人生の岐路に臨みたいものです。